着物を買ってもらいました

私は小さい頃から着物や浴衣といったものがあまり好きな方ではありませんでした。
しかし、ある程度の年齢になると考えが変わったんです。
自分も着物着るだけで結構大人っぽくなれるし、姿勢を気にしたりするようになりますよね。
そんな時、祖母が私に着物を1着プレゼントしてくれたんです。
私の好きな色の着物でした。最初はびっくりが大きかったのですが、すごくすごくうれしかったです。
私の中でそれが一番の宝物になっています。


着物を着る機会はなかなかなかったのですが、結婚式や卒業式などで数回着ました。自分にぴったりの着物できていくのがうれしかったのを今でも覚えています。
その時にもらった着物は今でも大事に保管しています。
最近は本当に着る機会というものがないので出していませんが、何かお祝い事などがある時は必ず着て出かけたいと思っています。
自分の着物を持てるって幸せなことですよね。祖母にはとても感謝していますし、これからもずっと長く大事にしていこうと思っています。日本の女性は勉強熱心です。
忙しい仕事に追われながらも、プライベートの時間を利用して習い事に行ったりします。女性に人気がある習い事はいくつかありますが、最近注目を浴びているのが着物です。
着物は日本伝統の衣服ですが、現在では毎日着用するという人は限られています。
着物を着る機会といえば、成人式や短大、大学の卒業式、結婚式などのイベントの時くらいです。着物を着用する際は、たいていの場合は美容院などで着付けてもらいます。



ですが、日本女性として自分で着物を着られることは、まさに内面を磨くことにあたります。
普段は着用しない着物でも、いざという時に手際良く着物を着られるのは、とてもステキなことですし自分の自信へもつながります。
着物はとても奥深く、帯の結び方にも何通りも種類があり、時と場合によって使い分けたりします。
着物の柄も古風で伝統的なものから、最近ではモダンなものまであり、帯との柄合わせを考えるのもとても面白いものです。